希望の伝説

作者飯森広一
掲載誌週刊少年チャンピオン
掲載期間1980年48号~1981年20号
話数全23話
巻数全3巻
設定★★★
キャラ ★★
ネーム★★★
画力★★★

『やがて やりたいこともできなくなるような時が くるかもしれないということだ!!』

作品解説

桜島が大噴火をして、東京でも大きな地震があり、世間では大災害の前兆ではないかと噂になっていた。そんな中、高校生の神園まりえは、心当たりのないままに妊娠していることに気付く。そのことを、まりえのボーイフレンドである竹内義人に相談するも、義人は信じられなかった。しかし、まりえの家に隕石が落ち、肉親を亡くしてしまったまりえを、とりあえず義人は自分の家に連れていく。義人の父親は地震学者であり、最近の出来事を調査しているのだが、何か大きな災害の前兆ではないかと思い始めていた。大金持ちの老人が飛行船を購入していたりと、大災害を危惧している人も現れ始めていたが、ついに大地震が起こり、日本は分断され崩壊してしまう。義人は父親のツテで飛行船の乗ることで命は助かったのだが、文明の崩壊した日本で、まりえの子供である希望と名付けられた子供との生活が始まるのであった。
大地震で日本が崩壊してしまった後を描くサバイバル漫画。

関連作品連想作品日本沈没
前作『60億のシラミ』次作『ペットあずかります』